2015年6月29日

上司ファミリーを今日コンサドーレの試合に連れて行くのに伝えたいこと

なんで平日開催なんだよーとか思っていましたが、
プラスの効果が!



上司の方が、「あ、月曜なの?じゃあ行こうかな-」と。

その方は、まだ小さいお子さんがいて、
週末は家族サービスに勤しんでいます。

なので、そんな子持ちパパさんには、平日開催が合ってるんですね。

しかも、「奥さんと子供も一緒に行く!」とのこと。
これは相乗効果ですね。

ということで、しっかりコンサドーレ接待して、
サポーターになってもらいたいと思います!

では、何を伝えようかと。


・今日は「仕事人ナイト」っていうイベント日なんですよ!
 仕事している人は1,500円でチケットが買えるんですよ!
 7月8日にもあるんですよ!次も行きますか?


・モデルじゃないんすよ。選手です!
 都倉賢っていうんですよ!かっこよすぎですよね。
 昨年、神戸から海外に挑戦しようとしていたんですが、契約に至らず、
 日本に戻ってきて、コンサドーレに入ったんです。
 アダ名は「とっくん」です。
 今、9得点で、得点ランキング3位なんです!
 
・小野と稲本の共演が見られるのはコンサだけ!
 あの日韓ワールドカップの二人ていうか
 ワールドクラスの二人がいるのは知ってますよね!
 あの二人が見れるんですよ!!!
 「でも、小野出てないんでしょ?」
 「あ、いや、その、出ますよ。ほら」

 札幌小野、左膝OK 今季初出場へ「全然、大丈夫」
 http://www.nikkansports.com/soccer/news/1497846.html

 【札幌】格さん訪問!伊吹吾郎が小野らに熱い激励
 http://news.biglobe.ne.jp/sports/0627/sph_150627_5760565116.html


・ファンクラブに入るとこんなことも出来るんですよ!
 2015クラブコンサドーレ“ガチャコン”
 1回100円でガチャガチャが出来るんです!サイン付きのシールが当たるんですよ。
 お子さんだったら、マッチボールキッズとかお仕事体験とかも
 できちゃうんです!

・予想スタメンのうち北海道出身が5人もいるんですよ!
 古田、堀米、前、宮澤、櫛引。

 櫛引は今度のU-22代表に選ばれてるんですよ! 
 札幌櫛引目指せ逆転リオ 手倉森U22初選出
 http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/1496474.html

 前は兄弟で出場していて、今日出るかもは前寛之、弟の方です!
 札幌前兄弟が同時先発へ Jではクラブ初
 http://www.nikkansports.com/soccer/news/1487609.html

 札幌は“日本のビルバオ”になれるのか J2漫遊記2013 コンサドーレ札幌
 http://sports.yahoo.co.jp/sports/soccer/jleague/2013/columndtl/201308130007-spnavi


・今日現在6位なんですけど、勝てば4位に上がるんです!
 だから応援してください!!! 
 次も行きますか!


こんなもんかなー。
サポーターになってくれるかなー。

==========================================
<これまでのコンサドーレ関連の投稿>

試合中の時間表示追加で観戦者満足度が大幅にUP!札幌ドームの大型ビジョンが改善
http://designhokkaido.blogspot.jp/2015/06/up.html

Irfan Bachdim's First Game in J.League! イルファン・バフディムJリーグデビュー!
http://designhokkaido.blogspot.jp/2015/05/irfan-bachdims-first-game-in-jleague.html

札幌ドーム展望台行ったことありますか?GWのイベントにもいかがですか。
http://designhokkaido.blogspot.jp/2015/04/gw.html

[札幌UX#005] コンサドーレのホーム開幕戦をカスタマージャーニー的に振り返る
http://designhokkaido.blogspot.jp/2015/03/ux005.html

[札幌UX#004] スポーツUXの可能性
http://designhokkaido.blogspot.jp/2015/03/ux004-ux.html

[札幌UX#003] 2015年明治安田生命J2リーグ札幌開幕勝利記念 「コンサドーレ札幌UX」
http://designhokkaido.blogspot.jp/2015/03/ux003-2015j2-ux.html