2015年6月30日

[札幌UX#010] 「ライブ」がキーワード?Apple MUSICはどんな新しい音楽の楽しみ方を提供してくれるのでしょうか

Apple MUSICが満を持していよいよスタートします。

日本国内でも定額制音楽配信サービスの機運が高まってきています。

定額制音楽配信サービス「AWA(アワ)」、LINE MUSICとはひと味違うコンセプト。
http://designhokkaido.blogspot.jp/2015/06/awaline-music.html

音楽プレーヤーとしてデザインされている!「音楽をLINEしよう」LINE MUSIC始まる(6/18追記)
http://designhokkaido.blogspot.jp/2015/06/89line-music.html

先週のTaylor Swift問題
ピンチでしたが、見事乗り切り、結果炎上マーケティングみたいになったんじゃないかと思ってます。

そして、日本時間で、本日夜12時(7月1日0時)にスタートします。

Apple MUSICはどういうサービスになるんでしょうか。
(書いていて思ったのですが、「サービス」なんですよね。
これまでリリースとなると「アプリケーション」や「ソフト」なんて感じだったような気もしますが、
普通にサービスがリリースされるってイメージできちゃうんですよね。)

「音楽の楽しみ方のすべてを一つに。」

Apple MUSICトップページ

テーマが大きすぎてよくわからない。

そこで、Apple MUSICのメンバーシップのページを見ると、
「チケット」という言葉が出てきます。

「すべてを体験できるチケットを。」

メンバーシップのページ

つまり、Apple MUSICを利用することがどういうことかというと、
「いつでもどこでもライブが聞ける・見れる」サービス
になるんじゃないかと思います。

Appleの考える音楽は「ライブ」なんじゃないか。
ライブ好きですよね。

Live at the Apple Store
iTunes Festival


iPodは「iTunes のライブラリに収めた音楽を外へ持ち出す」がコンセプトでした。

iPod Classicの販売が終了し、音楽鑑賞の一時代をつくったiPodが終わりかけていると考えると、
Apple MUSICがまた新しい音楽の楽しみ方をデザインしてくれることは間違い無さそうです。

===================================================================
<これまでの定額制音楽配信サービスのエントリー>

定額制音楽配信サービス「AWA(アワ)」、LINE MUSICとはひと味違うコンセプト。
http://designhokkaido.blogspot.jp/2015/06/awaline-music.html

音楽プレーヤーとしてデザインされている!「音楽をLINEしよう」LINE MUSIC始まる(6/18追記)
http://designhokkaido.blogspot.jp/2015/06/89line-music.html

===================================================================
<参考サイト>

Apple MUSIC
https://www.apple.com/jp/music/

Apple MUSIC メンバーシップ
https://www.apple.com/jp/music/membership/

月額9.99ドルの音楽ストリーミングサービス「Apple Music」 日本向けは「まもなく登場」
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1506/09/news094.html