2015年4月25日

マーケット感覚が地方創生、北海道を救うかも!【BookReview】 『マーケット感覚を身につけよう / ちきりん』

マーケット感覚を身につけよう---「これから何が売れるのか?」わかる人になる5つの方法

タイトルを見て共感して購入した、この本。

読み終わるのにちょっと時間がかかってしまった。

ちきりんさんは、この本で知りました汗
有名なんですよね。
それでも、知らなかったというのも、市場が違ったんだろうなと。
自分の市場が、ちきりんさんが有名な市場に近づいたのかなと。


感想です。
4章までは、色んな所で、どこで参考事例として出てもおかしくないような
正直ありきたりなことかなと思った。

でも、それが面白くないかというと、そういうことではなくて
こういうことをちゃんと説明しないと
マーケティングってわかってもらえないんだなと思った。

そして、個人的に、この本で価値を最も感じたのは
5章と6章でした。


「とりあえずやってみる」への変化

組織評価から市場評価へ

自治体と教育(学校)における市場性の低さ


最近、会社のマーケティング室や上司の小田室長と話していたりすること
そのままです。

この意識を持つことがやっぱり大事。

あとは、この意識をどう反映させていくかということ。
きっと「地方創生」にも役立つはず。

うーん、とりあえずやってみる?か。